忍者ブログ

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[12/23 かん]
[12/15 燕樹]
[12/14 とろろ]
[12/14 りん]
[09/24 NONAME]

ブログ内検索

リンク

お薦め

アクセス解析

君と僕をつなぐもの(雪道)

あいつに電話をする時は、いつだって緊張する。

何をしているのか、とか。
今電話してうざがられないか、とか。
重くないかな、とか。
メールのほうがいいのか、とか。

そんなことをいつだって考える。

でもそれでも声が聞きたくて、小さな勇気を振り絞る。
情けなく、どうでもいい理由をつけたりして。
次はいつくるのか聞きたい、とか。
母さんが、話したいといってる、とか。
自分でも情けないぐらい、小さい。

でもやっぱり、俺みたいなガキが焦ってるって思われたくなくて。
好きで好きでしょうがない、なんて態度見せたくなくて。
俺は大人なんだぞって、そう思わせたくて。

余裕があるふりをしたい。
それがガキだって、母さんは笑うけど。

今日も一つ深呼吸。
震える指で携帯を操作する。

と、それより早く携帯から軽快な着メロが鳴り響く。
慌てて母さんに携帯を返そうとして、その画面に出ている名前に心臓が跳ね上がる。
母さんに許可をとるまでもなく、取り落としそうになるぐらい焦って開いて通話ボタンを押す。

「す、鈴鹿?」

声がひっくり返る。
何が大人の余裕だ。
どうしても、こんなにも、いつだっていっぱいいっぱい。
君に関わる全てに、俺はいつだって全力疾走。

『あ、駿君?よかった、大丈夫?お話したくってね』

精一杯虚勢を張る俺に、君はそんなはずんだ声で飛び上がるほど嬉しい事を言う。

『駿君の声、聞きたかったんだ』

ああ、だから。

きっと俺は君に一生かなわない。

拍手[2回]

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form