忍者ブログ

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[09/24 NONAME]
[04/14 NONAME]
[04/13 きい]
[01/23 ミサ]
[09/16 三郷せの]

ブログ内検索

リンク

お薦め

アクセス解析

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

存在意義

■近況

相変わらずなんか仕事が忙しくて中々更新もできません。
すいません。

といっても別に終電ギリギリに帰るとかそういうことはなく、今まで普通に定時帰れてたのが9時過ぎになるようになってしまったぐらいなレベルなので本気で激務な人には申し訳ない感じです。
先輩が転勤になったり人が減ったりで業務量が増えたのが根本的な原因かと思います。
私は元々仕事のできない人間なので、自分の許容量越えるとオーバーヒートです。
もっとうまく出来る人ならこんな遅くなることもない気がします。

ていうか私がいない方が仕事がうまく回る気がするんです。
私が入ることで余計に仕事が増えてる気がするんです。
余計にややこしい事態になってる気がするんです。
皆の仕事を増やしてる気がするんです。
周りに迷惑かけてる気がするんです。
私がいない方がもっとスムーズに物事進む気がする。

てことは私が仕事しないのが何よりの効率化なんじゃないでしょうか。
何よりのコストカットじゃないでしょうか。
そうだよ、そうですよ。
私が仕事しないのがなによりの会社への貢献ですよ!
それが会社のためですよ!

てことで仕事しないから給料上げてください。


■今週の誤字脱字報告ありがとうございました!

>せのさん、誤字脱字見つけちゃったのでご報告しますね!
>白青10-11で「下手らしたら通報もされるかもしれない。」と言うところ
>下手らのらはいりませんよね!あとこれは誤字ではないかもしれませんが一応。
>「今と気に一兄や天だったら、」の今と気にとはどんな意味なのでしょうか?「
>いまときに」と読むんですかね?それとも「こんなときに」の打ち間違い…
>なんてそんなのないですよね!
わかってんだろ!「こんなときに」の打ち間違えだよ!そんなの分かってんだろ!そんなの丸わかりだよ!悪かったな!悪かったよ!
うん、ごめんなさい。直した。

>白青の件
>すみません、途中で送信しちゃいました。あべ君のこと、既に皆様からツッコミが入っていて、
>見落としているのかもなのでが。当初、安部くんだったのが(1話目)、
>最近、阿部くんなのが、同一人物だよね?とグールグルしちゃいますっ。
>家庭の事情かもしれないから、突っ込んじゃいけないのかも?と思いつつ。
三薙が読みを間違えたんです。そうに違いない。ほら、音が一緒だと分からないし、途中で分かったんです。そうです、そうにちがいないです。
てことで全力で隠蔽したけれど他に残っていたら教えてほしい。
いつからこうなってたんだろう。


■web拍手メッセージありがとうございました!

>アンケート、読者の激しい愛を読んで楽しんでますwいやはや、皆さん熱いぜ。
>何が何でもヤらせるという意気込みが伝わってきてニヤニヤしちゃうww
皆さんのご意見に色々にまにまします。ありがとうございます。
多分正解はあの中にある気がします。一三か四三か一四三かその他か、多分その中にある!
しかし皆様のありがたい愛を見ていると、展開によっては何割かのお客様ががっかりされそうで怖いです。とりあえず今のうちにがっかりされるお客様に謝っておく、ごめん。

>うわああちょっと怖かったですホラー風ですね!でももっと怖くてもいい!
>何となしにrecoredを見てたのですが、幼い四天と三薙の話見つけてほくほくしました。
>看病する天可愛い…!mainの小説一覧には確か載ってなかったように思えたのですが、
>他にもそういう財宝的な小説はあるのでしょうか。私のただの勘違いでしたら
>盛大に申し訳ないです。
あるかもしれないです。書いておいてリンクしないで放置の小説。
ただ私自身もあるかどうか定かじゃないんです。たまにフォルダ探ってて出てきてびっくりです。
見つけたらちょっと嬉しい気持ちになるレアアイテムぐらいの扱いでお願いします。探すのが面倒な訳じゃないです。

>こわすぎます。全然寝れなくなりました。読み終えてあたりを見回してしまいました。
>そしたら黒髪がすごく近くにあってびっくりしました。まぁ寝転んで読んでたので
>当たり前なんですけどね。あとはこたつからそっと出ました。こんなチキンが
>こんな時間に読むもんじゃないな。もうこのままホラーゲーム作れるんじゃないですかね。
>ホラーBLゲーム。新しい!って一瞬思いましたがなんかありそうですね。
>隠し攻略キャラ幽霊とかで。すごく脱線しましたが今回ほんとこわかったです。
>本気で寝れる気がしないです。眠れないホラー書けて萌えるBL書けて萌える
>NL書けて萌えるGL書けるとか。天才。あとついでじゃないんですけど
>GL連載何気に楽しみにしてます。
GL、私も本当に書きたいです。ていうか書きたいものがいっぱいあるんです。頭の中にはどの話も緻密にラストまで考えてるんですよ。もう完璧。細部まで詳細に!
でもほら、時間がないからしょうがない。うん、仕方ない。でも考えてあるよ!
そして怖がり上手なあなたにありがとう。私の話の巧拙はともかくとして自分の髪にも恐怖を見出させるあなたは怖がり上手。いい才能だと思います。
私は色々怖いこと考えながら書いていて、PCの黒画面に映る顔が一番怖いです。

>一人でカウンターを~
すいません、コメントちょっと伏せさせていただきました。
まあ、ネットは匿名の場所なんでそういうことが起こりえるのは仕方ないかと思います。事実は分かりませんし、私的には不利益なことをされてる訳でもないので特に気にしてないです。すいません。
ふと考えればこんな辺境サイトの痛いコンテンツのひとつです。あまり考えすぎずにイラっとしたらブラウザ閉じちゃいましょう。
でも、ありがとうございます。うちのサイトを楽しんでいただいているからそういう感想を抱いていただいたのかなと勝手に思っています。嬉しいです。


■漫画萌え話

「カルラ舞う!」永久保貴一著(ネタバレ全開)

永久保貴一先生は結構老舗のホラー漫画家さんかと思いますが、これまで生き人形やら四谷怪談やら実録とかノンフィクション系のものしか読んだことなかったです。
(生き人形は本気で怖いです。稲川純二の十八番怖い話。涙目になる)
で、一回読んでみるかーと永久保先生の代表作であるフィクションのストーリー漫画を読んでみました。
とりあえず飛騨編まで。

萌えた。

思わぬ萌えが転がっていました。
ホラー漫画というか、サイキックアクション物でしょうか。
日本史上の謎や呪術関係を、トンデモ解釈したものを下地にして、次々に起こる異変や怪異を強いパワーを持つ双子の霊能者が解決する!みたいな感じです。
逆説の日本史とか日本史ミステリー系のトンデモ解釈好きならそっち的にもお薦めです。

ただ、目玉抉ったり、内臓漏れ出ちゃったり、吹き飛んじゃったり、血がびっしゃびっしゃ飛び散っているので苦手は人はお薦めしません。
ホラー漫画でも御茶漬海苔先生、犬木加奈子先生、関よしみ先生辺りが大丈夫な人は余裕で問題ないかと思います。
どうでもいいけど、関よしみ先生はトラウマの宝庫。

で、萌え的に言うと、まず主人公。
双子の姉妹で、力は二人一緒で一人前。霊の姿は見えなく猪突猛進だが、運動神経と力の強さが抜群の妹と、運動神経はなく力は弱いが、冷静沈着、頭脳派、そして霊が見える姉。
一人づつでは半人前だけれど、二人で力を合わせるとものすごいパワーを発揮するっていう設定がもう王道。完璧。百合的にも完璧。萌える。
二人のばあちゃんも熟女枠で完璧。

で、まあ二人に絡むイケメンとかも色々出てきてそこらへんのもやもやした感じもいい感じです。
ただ、基本が今は亡きハロウィンというホラー漫画雑誌の連載だったので少女漫画的展開は少ないです。男性作家ですし。

そして何より萌えたのが敵役。
基本敵は本気で残虐非道で、多くの人を嫌な感じにばっつんばっつん殺してるんで同情の余地なしなのですが萌える。

まずロリババア魅冬。体は子供、頭脳は大人な120歳ロリ。
幼い頃に凄惨な目に遭い、色々なことがあって人間憎んで人間やめちゃった美少女。
人間を憎んで日本制覇をもくろんで散々えげつないことしてる悪役なのですが、成長も出来ないし、本当はもう死にたくて、家族の絆を求め続けていたりという弱さを持っている。
最後全ての元凶に体乗っ取られそうになってそれくらいなら化け物に食われてやらあ!と海に飛び込んで化け物に自ら食われる潔さ。
完璧です。完璧なロリババアです。

そしてずっと魅冬の傍に付き従っていた美少年冬樹。
魅冬より外見上はずっと上なのですが、幼い頃に両親に捨てられたところを魅冬に拾われて魅冬を心から敬愛している。
魅冬は術で操っていたと思っていたけれど、術を解いても忠誠心は変わらず。
何も心は変わらないといって魅冬抱きしめて、魅冬も最後に笑って二人で海に消えていく。
なんだ、これ萌える。

次に魅力的な悪役、辰王。
ヒーロー役の男の子の兄で、強大な実力と頭脳を持つ冷徹で非道なイケメン。
なんか色々やらかしてる一族の次期長。
兄弟間で確執があり、事あるごとに主人公達に敵役するけれど、共闘したり優しいところがあったりお茶目なところがあったりと、絵にかいたような仲間フラグびんびんの美形悪役。
弟に色々ちょっかいしたり触り方やらしかったりで微妙にBL臭も醸し出す職人。

そして最萌えキャラ千尋。
主人公たちに敵対する、癇癪持ちでヒステリックで神経質で嫌みな男。
血の匂いがついたといってはバラの香水かけたりするナルシスト属性も付与。

完璧な悪役でかなりえげつないことしてます。
辰王と同じ一族で一応辰王の仲間なのですが、ことあるごとに辰王につっかかり執着しています。
辰王の座を狙ってみたり、ガチ喧嘩でお互い大怪我したりとバイオレンスな仲。

しかし、実は女で辰王の元婚約者。
女っていうか中性。

男だと思っていたら実は女だった!という展開は、基本的にがっかりだよ!お前には本当にがっかりだ!という気持ちにしかならないことが多いのですが、これは萌えた。
小さい頃は普通に女の子で、婚約者の辰王に憧れ恋をしていたのですが、いつまでたっても女性としての成長はせず、胸は膨らまず月のものは訪れす、背は高くなり肩幅は大きくなり頬はそげ、男性らしくなっていく。
母からは出来そこない扱いされ、自分の使命である辰王の子供を産むこともできないってことでどんどん歪んでいってしまう。
男性化に関しては、最終的には呪いだったぽいのですが、恋する事も女として生きる事も出来ず、けれど女は邪魔だとして蔑まれて、病みに病んで、男として一族を統べること目標にし始めちゃう。
最終的には辰王を殺して僕が一族の長になる!まで行きついちゃう。
あれですね、ヤンデレですね。時代を先駆け過ぎたヤンデレ。

献身的に仕えるお付きの美少女もいたりして、百合なんだかNLなんだか分からない萌えもありそこもよし。
最後まで千尋のことを思っていてくれて、千尋もその少女にだけは心を開いて信頼して依存していたみたいなんだけど色々あって自分で殺しちゃう。何してるんだ、君は。

最後にはやっぱり辰王を殺せなくて、辰王をかばい、辰王の腕の中で死んでいくと言う完璧なヒロインぷりを発揮。
ていうか辰王も分かってたならもっと早く止めろよ。
辰王が千尋をどう思っていたかは分からないのですが、千尋が自分を男性として扱い名前も父の名の恭平を名乗っていいても、辰王だけは最後まで千尋を千尋を呼び続けたところが切なくなります。
泣けた。

この漫画、どんなに魅力的な悪役でも哀しい過去を持っていても、悪いことした悪役は基本死亡エンド。
ていうかいい人で活躍しそうでもメインキャラ以外は死亡率高い。
新しいキャラ出てくるとドキドキします。

カルラ舞う!
ガチバトルのサイキックアクションだと思ったのですが、百合BL中性ロリ熟女、あらゆる属性をそろえて結構な萌えを提供してくれました。
でも最初に言った通り基本がホラーでアクションでトンデモ日本史なので萌える部分は少ないです。
もっと心理描写とかしてくれたらのたうちまわる気もするのですが、それがないのもこの漫画って気もします。
予想外のところにきたから余計にやられた。

萌え絵でもっとマイルドでラブ表現大目にしたらこれアニメ化も狙えたんじゃないかって言う設定だらけ。(OVAにはなってますが)
まあ、それすでにカルラ舞うじゃないですね。

絵に癖があるしグロ描写あるしつっこみどころもいっぱいあるしものすごいお薦め!って訳にはいかない作品ですが、漫画喫茶にでもあったら読んでみてくださいませ。

拍手[10回]

PR

Comments

Comment Form